インスタグラム、新機能「ストーリーズ」の広告を拡大

2017年 01月 12日 木曜日 12:33 JST

Reuters

image

[11日 ロイター] - 米フェイスブック傘下の携帯端末向け写真共有サービス、インスタグラムは11日、急拡大している新機能「インスタグラム・ストーリーズ」に掲載する広告を30件以上増やし、広告収入の押し上げを図ると発表した。

インスタグラム・ストーリーズは投稿した画像や動画が24時間後に消える機能で、昨年8月に導入した。インスタグラムの幹部によると、現在の1日当たりのアクティブユーザー数は1億5000万人。

今後はユーザーが写真や動画をスワイプすると、広告が断続的にフルスクリーンで表示されるようになる。

イーマーケッターによると、インスタグラムの今年の全世界での広告収入は36億4000万ドルと、昨年の2倍近くに達する見込み。フェイスブック全体の広告収入に占める比率も昨年の8.4%から12.3%に高まると予想されている。

イーマーケッターの調べでは、今年中にインスタグラムの利用を計画している米企業の比率が74%と昨年の53%から上昇しており、インスタグラムが短文投稿サイト運営大手ツイッターを抜くこともあり得るという。