米上院、オバマケア廃止法案の作成指示を可決

2017年 01月 12日 木曜日 16:37 JST

Reuters

image

[ワシントン 12日 ロイター] - 米上院で12日、医療保険制度改革(オバマケア)プログラムを無効にする法律案の策定を主要な委員会に指示する案が、51対48の賛成多数で可決された。今週中に下院へ回される。

トランプ次期米大統領と議会両院の共和党議員にとり、同改革の廃止は最優先課題となっている。

共和党議員らはオバマケアの廃止には数カ月かかり、代替案の策定にはさらに時間を要するとみているが、トランプ氏は早急な対応を求めるものとみられている。