テニス=BNPパリバOPでフェデラーが最年長優勝、最多タイ

2017年 03月 20日 月曜日 11:44 JST

Reuters

image

[19日 ロイター] - テニスのBNPパリバ・オープンは19日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで試合を行い、男子シングルス決勝でロジャー・フェデラーがスタン・バブリンカとのスイス勢対決を6─4、7─5で制した。

フェデラーは今大会を通じて1セットも落とさず、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と並ぶ大会通算5回目の優勝。35歳での同大会優勝は、1984年に31歳で優勝したジミー・コナーズ氏(米国)を上回る最年長記録となった。

女子シングルス決勝では、第14シードのエレーナ・ベスニナが第8シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ともにロシア)を3時間を超える熱戦の末に6─7、7─5、6─4で下した。

キャリアで最大のタイトルを獲得したベスニナは、先月マークした自己ベストの世界ランク15位を上回る13位に浮上する見込み。