米俳優ウィル・スミス、カンヌ映画祭に審査員として登場

2017年 05月 18日 木曜日 12:55 JST

Reuters

image

[カンヌ 17日 ロイター] - 17日に開幕した第70回カンヌ国際映画祭に、米俳優のウィル・スミスが審査員として登場した。

他の審査員らとともに記者会見に臨んだスミスは「カンヌ映画祭は映画界において究極の名誉ある場だ。この場に参加できて興奮している」と話した。招待を受けた時、2週間におよぶことや、その大半の時間を映画を観ることに費やすことを考えて躊躇(ちゅうちょ)したという。「1日の3本の映画を観たのは恐らく14歳の時が最後」と語った。

審査委員長のスペインのペドロ・アルモドバル監督は、「映画的の奇蹟」を発見できるよう望んでいる、と述べた。