SKハイニックス、東芝半導体入札に企業連合の一部として参加へ

2017年 05月 19日 金曜日 17:18 JST

Reuters

image

[ソウル 19日 ロイター] - 韓国の半導体大手SKハイニックス<000660.KS>は19日、東芝<6502.T>による半導体メモリー事業売却の入札について、コンソーシアム(企業連合)の一部として参加すると発表した。

コンソーシアムのパートナー企業については明らかにしなかった。

事情に詳しい関係筋は19日にロイターに対し、ハイニックスが米投資ファンド、べインキャピタルが主導するコンソーシアムの一部として入札に参加すると明らかにしていた。同コンソーシアムの提示額は約1兆5000億円(134億9000万ドル)だという。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)